医療システム概要
 ホーム > 会社概要 > 開発実績 > 医療システム概要
医療システム概要を簡単に図に表すと、下記のようになります。

医療システム概要図
※実際はもっと複雑ですが、病院総合システムを伴う病院には、上記の様な仕組みがあります。


システムを利用するメリット
 患者
受診にかかる時間(受付・診察・会計)の短縮。
最適な診療・治療・ベットサイドケア。

 経営者・病院管理
請求漏れの削減による収入増。
患者数分析、収支分析等の簡便化
病床稼動率の向上。
デッドストック、伝票類の減少によるコスト削減。
流通ネットワークシステムとの接続による業務の効率化。

 医師・看護
医療の質的向上。
計画的な診療スケジュールの作成。
正確・迅速な情報伝達。
直接看護に携わる時間の増加。

 医療事務
会計の迅速性、正確性。
カルテ・伝票管理作業の軽減。
再来受付業務の平準化。


システム開発にて得られるもの
病院情報に関する豊富な知識
医療費の料金計算、保険に関する知識、レセプトによる診療報酬の請求など、関連する全ての業務の知識が必要となります。病院総合情報システムを開発していく中で、それらの知識を自然と身につけることができます。

データベース管理
患者の情報や在庫管理など多岐に渡る情報をテーブル管理しています。複雑な条件で抽出、更新することによりデータベースの管理、操作を身につけることが出来ます。

カスタマイズ性の高いアプリケーション作成
病院ごとの様々な形態(診療科・オーダーリング・病床数)や地域独自の保険など様々な要望に順次適応できるシステム作りが必要です。 テーブルオプション・INIファイルオプションによるカスタマイズ性の高いシステム開発が出来るようになります。



本ページに関するお問い合わせ
E-mail :総務部 TEL :045-410-3100(代表)